こだわり
 

こだわりをもった栽培方法

 

「減農薬・減化学肥料栽培の徹底」

 

土手の雑草刈り払い後(除草剤を一切使用せず処理)徹底的に除草剤で雑草を枯らす事が得策ではないと判断し、1回もしくは2回の散布に制限しそれでも伸びてくる雑草は、人力でとるようにしています。

化学肥料に関しましては、成長させる上で必要ではありますが、100%が吸収される訳でなく過多の分は地中に残ります。雨水により河川へ流出したり、地下に浸透していきますが、これも環境汚染の一つと考えています。化学肥料を減らし、有機質が多く含まれる肥料へ転換しています。

一般的に畑全体の土壌を消毒する作業をしますが、私の場合は一度もしたことがなく必要最低限のマルチ内だけを量を減らし部分消毒をしています。

 

美味しい食物の基本は「土つくり」

 

圃場風景全ての作物に共通していますが、基本は「土壌」です。
人間の成人病ではないですが、時間と年月にて蓄積されてから症状がでてきます。
人間の体に限界があるように「土」にもあります。健康診断と同じように土壌診断も定期的に行わなければいけません。肥料メーカーのご協力により定期的に土壌診断を行っています。

「減農薬化学肥料」「緑肥への取り組み」「完熟たい肥の施肥」「土中の微生物繁殖栽培」の4つを現在行っています。




 

「緑肥」とは・・・

収穫後の畑に肥料となる専用の草を育て、背丈ほどに育った茎葉全てを土中にすき込み有機脂質の堆肥にします。
 

「完熟たい肥」とは・・

生の堆肥ではなく、時間をかけて熟成された堆肥を購入し散布します。
 

美味しさを左右する貯蔵方法

 

貯蔵庫内部近年では、大型冷蔵貯蔵庫「温度・湿度を人工的に管理」が主流になってきています。腐敗を防ぎ、収穫した時の品質を長期間保つことが目的です。

私の場合は、昔ながらの土壁作りの貯蔵庫にこだわっています。温度・湿度は、天候任せになりますので腐敗が発生し毎年500kg以上を処分しています。無駄に思える行為ですが、糖度を測定すると数値で差が出てきます。魚と比べたらいけないのでしょうが、分かりやすい説明としましては「養殖と天然」と考えています。

同時に、全てのコンテナを生産履歴とし管理していますのでお客様には、「植え付け日」「収穫日」「洗浄日」「糖度」を明確に提示しております。
さつまいもにも「鮮度」があります。
 

多くの品種を楽しんで頂きたくて

 

理想的な芋主な品種は、「宮崎紅」「紅はるか」「安納紅」「安納黄金」「宙いも」「おごじょ」「あやむらさき」「あやこまち」など。試験栽培を含めると10種類以上になります。

環境や土壌に適している品種を模索中です。
お客様からのご要望があれば他の品種にも挑戦します。







 

エコ活動


  エコなトラクタ

会社員時代に、「環境問題」「食糧問題」への関心が強かったことも就農のきっかけでした。

施肥過剰の化学肥料や農薬も環境問題の一つでもあります。古い農機具もその一つです。
買い替えとなると高級車並の価格で簡単に購入できませんが今回、最新式のトラクタを導入しました。





また、運搬用の車も古くなっており排気ガスや燃費が悪く無駄なガソリンを消耗していました。

もっとも環境に良いのは、「100%電気自動車」でもあったため、2014年8月から電気自動車を導入しました。

同産地では初導入となります。





 

「農業」とは・・「サービス業」です。               取扱っている商品は「信用」です。

 

生産者2008年に脱サラし、就農を始めました。

脱サラする3年前から農業に対して関心があったのですが、
決断ができず。
皮肉にも父親の他界が後押しのような形での決断でした。

現場に足を踏み入れて最初に違和感を覚えたのは、
「雑草一本も生えていないサツマイモ畑」でした。
「いったい、どれだけの農薬が使われているのだろうか」と。

後発スタートの立場としては、差別化を図りオンリーワンの地位を築かなければその他大勢の一人に過ぎないと思い、 1年目から「減農薬・減化学肥料」にて取り組んでいます。
現在でも更に量を減らし、有機質肥料への切り替えに力を入れています。

市場が求めるランクを追求し、高規格にて出荷する事が生産者にとっての高収入となりますが、お客様が最優先ではありません。お客様の口に入るまでが生産者の責任と思っていますので、「安心・安全」だけは妥協せず「サービス業」の心構えで従事しています。




最後に、就農後ホームページ作成は考えてもいませんでしたが贈答用箱のデザインを手掛けて頂いた(株)Do Wonders様からの提案で今回このようなホームページを作って頂けました。
営業担当(吉牟田氏)web担当(川越さん)それぞれ、無知である私の為に沢山のアイデアと提案で無事に完成し感謝しております。見て頂いたお客様にも3人の思いが伝わりましたら幸いです。
最後までお読み下さいましてありがとうございます。



モバイル